メンタルトレーニングと禅 やる気とエネルギーはつながっている

やる気がある。やる気がない。

よく聞くフレーズですよね。

最近、やる気があがらないという悩みをアスリートやビジネスパーソンからよく聞きます。メンタルトレーニングでは、やる気というのは大事なテーマです。

では、そのやる気はどこから来ているのでしょうか?

やる気とは「エネルギー」と言えます。

今あなたが「やる気が高い」状態であれば、
自分の中に、エネルギーが満たされているのではないでしょうか。

逆に今「やる気がない」状態であれば、
エネルギーが枯渇しているのではないでしょうか。

ちなみに、今皆さんのエネルギーは、どれくらいあるでしょうか?
100%?
半分くらい?
ほぼ0%?

ビジネスでもスポーツでも
努力や成果にはこだわっても、
自分のエネルギーには、案外無頓着です。

もちろん、結果がでればやる気はあがります。
しかし、結果はまさにみずもの。
結果によって、自分のやる気が左右されていては、
どこかで燃え尽きてしまいます。

これは、「自分を大事にしていない状態」です。

人はそもそも自分のことを見るのが苦手なのです。
相手のことは思いやれても、自分をいたわることが出来ない。

今もしあなたが「疲弊」しているとしたら、
それはエネルギーが枯渇している状態。
自分を大事に出来ていないということです。

それでは、頑張るほど辛くなります。
これでは、パフォーマンスを上げ続けることは難しい。
どこかで心が折れてしまいます。

結果が出ないときにも、いかにエネルギーを満たしていくか。
頑張りながら、いかにエネルギーを満たしていくか。

いかに自分を大事にするかは、メンタルトレーニングの大事なテーマです。

メンタルトレーニングのコラムを連載中の週刊ゴルフダイジェスト第26号、
今週のテーマは「あなたのエネルギー量は?」です。

ぜひご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ