「ご案内」の記事一覧

仕事と禅 白黒どっちでもいいじゃないか 白い紙と一滴の墨汁

私たちは、白黒つけようとします。 何が正しいのか? 何が間違っているのか? あれは好き。 これは嫌い。 あれは善い。 あれは悪い。 こうしたジャッジや区別は社会生活では必要ですし、 当然のことになっています。 しかし、ど・・・

初心者からはじめるアメリカ坐禅塾(第3回)をアップしました

ロサンゼルスにある禅宗寺の小島秀明住職による日本人向けの坐禅指導の模様をYouTubeにアップしました。初心者にも分かりやすく坐り方をご説明してくださっています。今回は第3回目です。 初心者からはじめるアメリカ坐禅塾 第・・・

仕事と禅 「小欲知足」と「もっともっと」を求める心

皆さんは、どんなときに「まだまだ足りない」と思うでしょうか? 私の場合は、お金のことを考えているときです。お金に満たされた姿を想像すると気持ちよくなりますが、次の瞬間には「まだまだ足りない。もっと欲しい」という焦りや不安・・・

仕事と禅 一点を見すぎると苦しみになる 均等に感じる心を育てましょう

スポーツやビジネスでメンタルトレーニングをしていると、私自身も葛藤の連続です。 今、選手は何を考えているのか? 今、声をかけるかどうか? 今、何が必要か? その時々の判断が上手くいったかどうかは、分かりません。 ただ、私・・・

仕事と禅 「分からない」は智慧の種

皆さんは、分からない状態になったときどうしていますか? 以前の私は、必死に答えを探していました。 分からないことは不快だし、どうなるのか分からず怖い。 だから「分からない」ことから逃げていたのです。 禅を学ぶようになり、・・・

仕事と禅 道元さんの身心脱落と手応えのない仕事

昔は、仕事においても趣味においても 「手応え」という感覚を大事にしていたように思います。 手応えとは、努力、やりがい、成果・・・ 逆にいえば、手応えがない仕事というのは 価値がないと思っていました。 しかし、面白いもので・・・

仕事と禅 非思量という禅 無意味と意味とは?

禅を学んでいると、「非思量」という言葉がよく登場します。 非思量とは、辞書を引くと 「すべての相対的な観念を捨てた無分別の境地。坐禅の要とされる。」 とあります。 最初、禅のお寺に行ったときには、 「心を空っぽにして、考・・・

仕事と禅 気持ちが落ちているときには

モチベーションが上がらないとき、皆さんはどうされていますか? エネルギーが低いままで何とかやるというのも一つの方法だと思いますし、何か気分転換をするのもありだと思います。 私の場合、若いときは無理矢理やる気を出させようと・・・

仕事と禅 不完全だからこそ、対話が生まれる

「赤野さんはなんでアメリカに行き続けているのですか?」と問われると、いつも答えに窮します。 最初は、やりたいからとか、使命とか答えていましたが、どこか違和感がありました。 アメリカに行き続けている目的や理由を言葉にしよう・・・

仕事と禅 人生と徒労にかける 寄り道をしましょう

やはり、10日あまり日本を留守にすると、未整理なことが、いろいろと溜まってきますね。朝からスタバでのんびりコーヒーを飲みながら、心を整理しています。 朝の一杯のコーヒーは、私にとっては坐禅のようなものかなと思います。香ば・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ