アメリカ坐禅塾の動画をアップしました

アメリカ挑戦の中で、ロサンゼルスにある禅宗寺の小島秀明住職とのご縁が生まれました。そして今回はなんと小島住職とのコラボレーションセミナーが実現し、住職からは坐禅 法をご指導いただきました。講座の参加者は全員坐禅初心者ということもあり、誰でも理解できる分かりやすい内容になっています。せっかくの素晴らしいご指導を、坐禅を学びたい人達に広く見ていただければとお願いしたところ、先生のご好意でYouTubeにアップできることになりました。

小島秀明住職プロフィール
ロサンゼルスにある禅宗寺(曹洞宗の大本山の別院で約100年前に設立)の住職、曹洞宗での正式な肩書は国際布教師。1969年に佐賀県の曹洞宗の寺院に生まれ、駒沢大学にて仏教史と哲学を学ぶ。曹洞仏教研究所にて3年間の研究後、研修生として1993年に渡米、ロサンゼルスの禅宗寺のスタッフとなる。1995年に25歳で大本山永平寺にて修行。その後再び禅宗寺に戻り、今日まで20年以上にわたり禅宗寺にてアメリカでの布教活動に努める。地元ロサンゼルスの米国人、日系人から、その積極的な行動力と優しい心配りで慕われている。

坐禅講義の様子はこちらからからご覧ください。

*ご指導の様子はライブで撮影していますので、一部映像や音声などに乱れがあることはご容赦ください。少しでも皆さんの坐禅ライフにお役に立てれば嬉しく存じます。

第一回のアメリカ坐禅講座は11のパートに動画を分けてアップしています。それぞれのパートの内容を簡単にご紹介します。

Part 1 日本における禅宗の流れ
Part 2 日本における曹洞宗の開祖、道元禅師からはじまる日本の曹洞禅について
Part 3 道元禅師の修行時代
Part 4 禅の修行について。ただ坐るということとは。
Part 5 仏教は山のようなもの。宗派によってさまざまな登り方があるが、頂上の景色が一緒である。
Part 6 仏教とキリスト教。山は違っても昇ったところからみえる全体の景色は同じ。月を差す指の如し。
Part 7 インドではなぜ仏教は衰退したのか。
Part 8 お釈迦様の「仏舎利」と「銀シャリ」の意外な関係とは。
Part 9 正しい合掌と歩くときの叉手(しゃしゅ)の方法。
Part 10 坐っているときの「法界定印(ムードラ)」の作法。親指と親指はつくか、つかないか。この指に坐っている心の状態がよく現れている。
Part 11 坐禅の基本姿勢である「結跏趺坐」について。ただ「結跏趺坐」をすることが目的ではなく、長くしっかりとした姿勢を保てるかどうかが大事。身体を痛めては意味がない。正座でも椅子でもその人にあった坐り方を模索すること。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ