「京都からだ研究室」身体へのアプローチを通じて”安全”をみつめる

「京都からだ研究室」中期講座
身体へのアプローチを通じて”安全”をみつめる
〜はじめてのポリヴェーガル理論(R)〜

運営メンバーとして参画している「京都からだ研究室」の中期講座が7月からスタートします。

今回のテーマは『身体へのアプローチを通じて”安全”をみつめる
〜はじめてのポリヴェーガル理論®〜』です。

講師を担当してくださる田中千佐子さんによると、「まずは、”安全である“という身体感覚を理解すること」が最初のステップだそうです。
安全と感じているかどうかは、実は普段の行動や言動に大きな影響を与えています。

個人的には、安全というのは「温かさ」のように感じています。
安全と感じられているとき、手も足も温かいです。そういうときは、人にも自分にも優しくなれます。

身体が安全と感じていると、心には「安心感」が生まれるのではないでしょうか。
一方で、安全と感じられていないとき、冷たくなります。そういうとき、防御的な行動をとったり、攻撃的な言動を発したりします。

身体が安全と感じられていないと、心も安心できません。
安全という世界には、まだまだいろいろ発見がありそうです。

中期講座は7月16日と8月20日の2回コースです。
ぜひいっしょに探究していきましょう。
https://peraichi.com/landing_pages/view/kyotokaradalab

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ