受験生のメンタルトレーニング 電車遅延に備えましょう

最近電車の遅延が多いです。きょうは国公立大学2次試験の前期試験でしたが、朝から電車が遅れ、多くの受験生に影響が出たようです。
大事な日に限って、電車やバスが遅れたりするものです。

私もそうだったですが、特に地方からの受験生は、都会の電車利用になれていないので、注意が必要です。

電車の遅延に関しては、大学側で開始時間を遅らせたりと、かなり柔軟な対応をとってくれるようになっています。
ただ受験生に聞くと、試験当日朝の電車遅延はメンタルに与えるダメージが大きいみたいです。
せっかくの準備が、朝のトラブルで台無しになるのは避けたいところです。

トラブルはあらかじめある程度想定しておくこと。電車の遅延はその一つです。
あらかじめ遅れた場合の連絡先や遅延証明書などの手続きを知っておくだけで、焦る心の度合いは減ります。
人は、トラブルに遭遇したとき、何も打つ手がないことがもっとも心を混乱させます。

そして、いざトラブルが起きてしまえば、どんなに焦っても状況は変わりません。
こうしておけばよかったと過去を悔やんだり、変わらないことをくよくよ悩んでも、メンタルはさらに悪くなっていきます。

まずは状況を受け入れ、出来ることを一つ一つ対応していくこと。
出来ることを淡々とやっていれば、心は鎮まってきますし、案外道は開けます。

そして古典的ですが、避けられるリスクはできるだけ減らすこと。
毎回焦って準備するのではなく、準備物一覧を作っておいて、前日の夜にはしっかり確認しておく。
そして、会場は下見しておく。当日の朝は1時間半ほど前には会場につくことを心がけましょう。
早めに着いても損はなし。駅周辺のコーヒーショップでゆっくりと心を整えるのもいいですよね。

まさに備えあれば憂いなし。
皆さんがこれまでの努力を試験で発揮できるように祈っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ