アメリカ挑戦日記15 セミナー開催第2弾(2015/4/2〜8)

 ロサンゼルスでメンタルトレーニングセミナーを開催してきました。2月に続いての第2弾になります。

 前回は、100人あまりの方にご参加いただきましたが、なんと今回は1か月前の時点で申し込みは7人。前回の内容が悪かったのか、あるいはもう飽きられてしまったのかと正直開催できるか不安になりました。

 私がコーチとして独立した当初、まずコーチングを知ってもらうためにセミナーを開催しました。初回のセミナーには友人などが参加してくれましたが、2回目以降まったく人が集まらず、参加者が全くいない時もありました。今では開催するセミナーには毎回多くの方が参加してくださるようになったのですが、この時の記憶がよみがえりました。

 ただ、パートナーのJayさんの奮闘もあり、3週間ほど前から申し込みが増え始め、結果的には100人近くの方が参加してくださいました。本当にありがたいですね。

 今回用意したセミナープログラムは3つ。
 「今この瞬間を突き抜ける 禅×フロー理論」
 「右脳と左脳を使い分ける」
 「部下のやる気を引き出すコーチング」

 特に、今回アメリカセミナー用に新たに作った「右脳と左脳を使い分ける」については、どのような反応があるのか楽しみでした。

 御存知の方も多いと思いますが、人には右脳派と左脳派があります。いずれかが100%ということではなく、6:4だったり、7:3だったり、それぞれバランスがあるのです。

 左脳派の方は論理的思考やコツコツ努力が得意だったり、右脳派の方は直感力やイメージ力に長けています。

 しかし、人は自分の脳の特徴を何となくは知っていても、それを強化しようとはしていません。よく右脳を強化する本が出されていますが、私の理論では、左脳も強化できるのです。

 車で言うと右脳はアクセル、アクティブに攻めていくことが得意です。一方で左脳はブレーキであり、主に守りの部分が得意です。

 一方で、バランスが崩れると、右脳が強い方は思い込みが強くなったり、独りよがりになって、パフォーマンスが不安になります。左脳が強い方は、囚われて頑固になったり、考え過ぎてしまうことで、何かに挑戦しようとしても不安で一歩が踏み出せなくなります。

 それぞれの特徴を知り、それぞれの脳の働きを強化することで、バランスがよくなり、それぞれの働きがさらに活性化します。これこそが脳の進化です。

 右脳派の方は、揺らぐことなく安定したパフォーマンスを爆発的に出せるようになりますし、左脳派の方は、既存の固定概念にとらわれるのではなく、コツコツ力を生かしながら自分の枠を突破できるようになります。

 セミナーではそれぞれの脳をどのように活性化すればさらに爆発的な結果を出せるかメソッドをお伝えすると、大変興味をもたれたようでした。おかげで質問が相次ぎ、結局時間がたらずプログラムを最後までお伝えできませんでしたが、本当に嬉しいことです。

 セミナーが終わると、1時間ぐらいのティータイムを参加者の方ととったのですが、テキストにたくさんメモをとっていて、ここでも目を輝かせながら質問されていたのが印象的でした。逆に私はアメリカのことをいろいろ教えていただきました。

 嬉しかったのは、前回参加してくださった方が今回自分の家族や友人など知り合いの方を紹介してくださったことです。本当にありがたいですね。

 これから、私がアメリカでやっていけるかどうかは、こうした紹介がどれだけ増えていくかにかかっていると思います。そのためにも毎回、みなさんの期待以上のものを提供できるようしていきたいと思います。

 次回は6月にさらにプログラムを進化させてお伝えする予定です。

201504usa4
201504usa1 201504usa2

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ