禅をスポーツにいかす 今という「とき」の流れにのる

プロゴルファーとの合宿2日目。きょうはラウンドをしながらのメンタルトレーニングでした。

「今この瞬間」の大事さは分かっていても、今この瞬間をどう感じるかは、なかなか難しい。

今というのは「とき」。

選手に「とき」を感じられるものを探してもらいました。

歩いているときの足の音。
飛行機の音。
鳥の鳴き声。
雲。
歩いている人の姿。
私と話している会話。

以前は、今この瞬間に心を合わせてもらうために、風の音を聞いてもらったり、周りの景色に意識を向けてもらっていました。マインドフルネスをラウンドでやってもらっていたのです。

しかし、「とき」を感じるセンサーは人によってさまざまです。

何かこちらが指定したものにフォーカスしてもらうよりも、自分が心惹かれる「とき」に気づいてもらう方が、より自然ではないか。

実際に、人によって違う「とき」の感覚を持っていることが分かってきました。

ちなみに私の感じた「とき」は、飛行機の音や鳥の鳴き声などは一緒でしたが、まったく違うものもありました。

「紅葉」と選手に言ったら、「それは動いていないでしょ。」と突っ込まれました(笑)

季節というスパンの長い「とき」でもOK。「とき」を感じられるものは何でもいいのです。

「とき」とともにプレーしていると、「とき」がないプレーとは、あきらかに「間(ま)」が変わってきます。

「今」には、まだまだいろいろなアプローチがあるのだと思います。選手と大胆に挑戦していくのが楽しみです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ