禅×メンタルトレーニング 禅修行より 見ない目とは

前回、「ありのままの目」ということについて、お伝えしました。
今回はさらに深めてみたいと思います。

ちなみに普段、私たちは脳を使って見ています。
対象物を見ようとしていると言ってもいいかもしれません。

しかし、見ようとすればするほど、花は花、花瓶は花瓶にしか見えません。

脳で見ている目は、言葉で見ている目だからです。
言葉は、過去の経験から身につけた、固定概念です。
私たちは、ありのままの花や花瓶を見ているわけではなく、
過去の記憶を対象物に映し出しているのです。
今この瞬間を見ているようで、実は、今を見ているのではないのです。

それでは、脳で見ない目とは何か?
それは「感じる目」です。

「感じる目」とは、「受け身の目」といってもいいかもしれません。
一方、脳で見るのは、能動的な目。

「受け身の目」は、ガツガツ見るのではなく、
対象物が目に飛び込んでくる感覚。
「見る」のではなく、「見える」という状態です。

「見える目」を意識していくと、
あらかじめ過去の記憶でインプットされた目ではないので、
ありのままの姿を感じることが可能になります。

「見える目」を意識していると、徐々に花びらや茎の姿がくっきりとし、
影と光のグラデーションは、さらに鮮やかに見えてきます。
花瓶は細かい模様、丸み、でこぼこなどがはっきりしてきます。

禅の修行では、「半眼」という状態を作ります。
半眼とは、半分ほど目を閉じた状態です。

当初、私は、半眼の意味がよく分からず、
寝ないようにするために半分だけ目を開けている状態なのだ、
くらいに理解していました。

しかし、禅の師匠から
「半眼とはガツガツ見ようとしない目のこと」だと教わりました。

私たちは、見ようとすると、つい目に力が入ります。
目に力が入ると、全身に緊張が起こります。
目を使いすぎると、肩や背中が凝るのは、このためです。

また、脳で見ようとすると、平面的にしか見えず、視野が狭いのも特徴です。

一方で、「見える目」に飛び込んでくる景色は、
立体的で、視野も広がっています。
これを仏教で「ありのままの目」「仏の目」と呼んでいるものと
私は理解しています。

普段私たちはビジネスや家庭で忙しい時ほど、見よう見ようとする傾向があります。 しかし見ようとすればするほど、実は見えなくなるものがあるのです。

ぜひ、皆さんも「見る目」だけでなく、「見える目」にも挑戦してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ