スポーツのメンタルトレーニングと禅 余韻を感じる

【名残惜しさとともに】

今年最後の無心のマインドフルネス研究会。

最近、内容がどんどん深くなっていく。今は、「分からない」ことが「分からない」という落ちこぼれ状態。

なかなか苦しいが、とっても新鮮。

面白いのは、参加したあと、日常の中で何かしら自分の中で起こっていること。

今のテーマは「余韻」

体験には身体に残っている余韻がある。ある人は「余白」と言っていた。

余韻とは体験が馴染む時間。染み込んでいくと言ってもいいかもしれない。

今までは、今を生きようとしていたが、何かを常にキャッチしようとしていた。それは前寄りの今。進むことを意識していた今。

体験が消えていく今。名残惜しい今もある。

この余韻を感じていると、何かが立ち上がってくるのを感じやすい。

「今この瞬間」は余韻と新たな立ち上がりが層になって重なっているような。

「とき」というのは幅がある。深さがある。そして前と後ろでストレッチするように感じる。

瞑想で呼吸を感じましょうと言われると、私の場合は、ヨーイドンという感じになり、逆に「今」が狭く、浅く、そして固くなる。

余韻からはじめると、自然に呼吸が立ち上がってくる。余白を感じることで、呼吸への意図が減っていく。

スポーツでも、意図を手放したときに身体のグルーヴが生まれる。しかし、意図を手放そうとすると、そこに別な意図が発生してしまう。

きょう早速、陸上選手とのトレーニングで余韻を試してみた。オリンピックレベルのトップ選手でも余韻は感じていなかった。

結果を求めると、心が自然に前のめりになっている。身体と心がズレていく。

余韻を感じながら走るというのは、後ろを感じながら走るということ。自然に前のめりから、中立になるの

ではないか。過去と未来がつながった今はストレッチされてくるのではないか。

いつもながら、選手へのトレーニングは自分自身とのテーマと重なります。

余韻をもう少し探究してみよう。

年末のこの時期が好きです。何か名残惜しさを感じながら、暮れていく。暮れていく景色を味わおう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ