禅×メンタルトレーニング 禅修行より ありのままの目を磨く

今回は禅の修行にお伝えしたいと思います。

禅では、私達の経験すべてが修行であるとされています。
まさにその通り、修行の中で、様々な気づきがあるのですが、
今回は初めて修行に参加した時の経験をお伝えしたいと思います。

修行は痛さに始まりました。
膝、足首、股、ふくらはぎ、背中に激痛が走る中、
残念ながら、まったく坐禅に集中できませんでした。

意気込んでいた気持ちも急速にしぼみ、ついていくのがやっとの自分。
最終日の朝行も、痛さに耐えながら必死で読経していました。

その時です。

ふと、本堂の窓が開いていることに気づきました。
緑が鮮やかだなと思っていると、爽やかな風が頬をなでました。

その瞬間、窓を開けてくれた人のことが思い浮かびました。
私たちが修行する前、朝早く起きて準備してくださっている人たちがいる。
感謝が心から溢れてきたのです。

その時だけは一瞬、痛さを忘れていました。
普段の生活にはない、研ぎ澄まされた感覚でした。

この体験をご住職にお尋ねしたところ、
「それは自分の尺度が変わったということ。
損得勘定ではなく、一瞬でも己の我から離れ、
『ありのままの目』になれたのですね。
それが仏の目で見るということですよ。」と教えていただきました。

修行の間は、食事から睡眠まで、すべてを自由に出来ません。
起きてから寝るまで、身体も心も苦しさばかりでした。

途中までは、まったく意味が分かりませんでしたが、今振り返ると、
この苦しさは、ありのままの自分を覆っていた自我だったのではないか、
修行の中でそれを研ぎ澄ましていたのではないかと感じています。

一瞬でしたが、「ありのままの目」は静かで、透き通っていました。

これは体験でしか出会えなかった感覚です。
頭ではなく心で感じる。これこそ、私が望んでいた成長の道です。

スポーツでもビジネスでも、
物事を広い視野で、かつ冷静に見極めることが大切です。
そのためには、この「ありのままの目」を磨くことが
非常に大切なのではないかと感じます。

私の目は、まだまだ濁っていることがよく分かりました。
これからの修行で、さらに自分の目を磨いていきます。

皆さんの目はいかがですか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ