禅×メンタルトレーニング 「クラブの重みを感じる」

どんなスポーツでも道具を相棒として信頼し、
任せることが大事だということは以前申し上げました。

その中でもゴルフは孤独なスポーツです。
そういう中で唯一の相棒はクラブなのです。

自分の力だけで打とうとすると 力んでしまったり、
不安で振り切れなかったり、
打ちのめされることもよくあるのです。
自分ですべてをどうにかするのには
私は限界があると思っています。

プロを見ていても
自分だけの力ではなかなか信じきるというところまで
いかないのです。

クラブに責任の半分を「任せる」ことで
はじめて真の自信が生まれてくるのです。

このことを伝えることで力みが消えて、
スムースにクラブのヘッドが走るようになった
プロを何人も見てきました。

そしてクラブに任せることで大切なポイントは
「クラブの重み」を感じられているかどうかです。

みなさんはクラブの重みを感じていますか?

感じられている方は、
クラブとうまく付き合えていると言えます。
一方で重みがよく分からない方も
多いのではないかと思います。

しかし、誰しも一度はクラブの重みを感じながら
スイングをしたことがあると思います。

思い出してみてください。

そのときはほどよい緊張感の中、
恐らく心も体もリラックスして、
スムースにスイングできていたのではないでしょうか。

ではなぜ重みを感じられなくなるのでしょうか。

いくつかの理由があるのですが、
もっとも多いのは手だけで握っているケースです。
手と腕の力だけで握ろうとすると、
自然に力が入り重さを感じられなくなります。

そして腕から肩、そして体全体に余分な力と緊張が起こり
スムースなスイングを邪魔します。

ではどうしたらクラブの重さを感じることができるのでしょうか。

これもいくつかの方法があるのですが、
一番のポイントは体全体でクラブを持つということです。

両脇を軽く締めて、
下からクラブを支えるように持つ感覚です。
重さを感じるということは、
必要最小限の力でクラブを持っているということです。
だからこそクラブが自由に仕事をできるのです。

しかし、飛ばしたい、まっすぐ打ちたいと思うと
余分な力が入ってしまい 重みを感じることはできないのです。

恐らくクラブの重みを感じることができれば
クラブに任せられるようになり、
不安も薄くなり、安心感がでてくるはずです。

また重みを感じられているときは、
クラブのことを信じられていると思います。
一方で重みがよく分からない時は、
クラブを信じることができておらず
余分な力が入っているというシグナルなのです。

プロに聞いてみても、
重みを感じられているときは 自分で打っているというよりも
クラブに振られて体がついていっているという
感覚になるそうです。
この状態が余分な力が抜けたリラックスした状態です。
この状態で打てると何度打っても不思議なくらい
思い通りの球が出るそうです。

みなさんもぜひ重みを感じることに挑戦してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ