禅修行より 冷え切った体に温かい朝がゆ

%e9%96%8b%e7%9c%bc%e5%af%ba先週末、禅の修行にいってきました。

お寺は長野県の山奥にあり、深夜早朝にはマイナス数度まで冷え込みます。

朝4時半に起きて、午前5時からさっそく坐禅。裸足のため寒さでどんどん足の感覚がなくなっていきます。

ただ、その中で呼吸に集中していると、不思議と心が研ぎ澄まされていきます。

その後、朝がゆをいただきましたが、冷え切った体に温かい粥が入っていく感覚。
美味しいという言葉で表現できない、毎回そうなのですが、普段は味わえない感覚です。

今回も本当にクタクタになりましたが、いろいろと学びが多い修行となりました。

修行の詳しい模様は、あらためてお伝えします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ