無心のマインドフルネス研究会 物足りなさと感謝の心

昨日は、月に一度の無心のマインドフルネス研究会でした。なんと今回は最終回。

いつもは、当日の夜感想をアップするのですが、今回は一晩寝かしてみて、何が残っているのか見てみようと思い立ち、昨夜はホテルに戻りすぐに深い眠りへ。

今朝出てきたキーワードは「物足りない」

師匠から教えをいただいている身で、なんと恐れ多いことでしょう。まずは、感謝でしょう。本来は。自分のエゴの強さを呪いました(笑)

もっと話したかった。もっと聴きたかった。レーズン瞑想もしたかった。もっと感想をシェアしたかったー!!

やりたいことがいろいろあったのね。自分のニーズが確認できると、心が落ち着き、心の別の層が動き出す。

このような場を作ってくださっている一照さん、和尚さん、主催者の仲村先生、サポートメンバーの皆さん、参加者の皆さんの顔が浮かんできました。

そこでようやくホッとしました。今回も緊張していたのでしょう。そんなことを感じていると、自然に心がほどけてきて、温かい気持ちになってきました。

心が温かくなってくると、「ありがたいなー」「楽しかったなー」という感情が湧き出してきますね。

そして、弓さんが作ってくれた手作りのパンが蘇ってきました。人柄が伝わってくる優しい味。

どんな思考も感情も大事にしてあげないと。皆さんシャイでなかなか出てこないようです。そんなことを今、しみじみと感じています。

この研究会も1年目が終わりました。毎月、高松から北鎌倉への小旅行。そして、いろいろな出会い。行って良かったよ、本当に。そして2年目へ。

2年目が終わったときには、もう少しだけいいから、格好いいコメントで終わりたい。まだまだ旅は続きます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ