ゴルフ×メンタルトレーニング 「口癖」を変えることでプレーを変える

不安とうまく付き合うためには、どんな言葉づかいをするかも大事です。

あるプロゴルファーは、何か言われると「でも」を頭につけるのが癖でした。
こちらが一生懸命話しても、「でも」と言われると、
否定されたようでがっくりきますよね。

ただ本人にはそんな気持ちはまったくなく、 決められず悩んでいるのですが、
よく聞いてみると、実は自分にも言い訳をしているそうなのです。

決断して結果が出ることへの躊躇、否定されることへの恐れ、
自分をわかってくれないという不満、私は悪くないという消極的な主張…。

「でも」には、さまざまなものが集約されていました。
しかも、「でも」は、本人のエネルギーを下げます。
彼自身、本当は言い訳せずに、はっきり決めて正面から向き合いたいと思っていたのです。

そこで、トレーニングでは、「でも」ではなく、「はい」を口癖にするようにしました。
まずは受け止めて、やるべきことはやる。
嫌なことは嫌とはっきり話すことで、決断力が増し、
プレーにも優柔不断さが消えてきました。

また別のプロの口癖は「調子が悪い」でした。
パターが少しでも入らないと「調子が悪い」。
アプローチで思うような球筋が出ないと「調子が悪い」、
いつも少しのミスや違和感から崩れていました。

私に指摘されて、「調子が悪い」という口癖が
エネルギーを落としていたことに気づきました。

実はこのプロは、 私生活でもゴルフでも実は面白いことが大好きでした。
そこで本人の発案で「面白い」に変えてみたところ、全くプレーが変わりました。

違和感やミス、ピンチの中から面白さを見つけることで、
悪い流れをよい流れに変えることができるようになったのです。

「口癖」は年月や立場とともに変わります。
そのときどきの自分の在り方が「口癖」に出るのです。
だから「口癖」を分析すれば、そのときの心情がよくわかります。

自分自身とうまく付き合うためにも、
エネルギーが上がる「口癖」を発見し、日々使っていくことが大切です。

「口癖」はその人の生き方になっていくのです。

皆さんは、どんな口癖を持っていますか。
それはエネルギーをあげていますか。それとも下げていますか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ