メンタルトレーニングと禅 待ち時間をどう過ごすか

トーナメント2日目。「今日のテーマは?」を尋ねたら、「○アンダーです」との答え。
プロにとって、まずは予選通過。予選を通ったら、今度は上位進出。
スコアが頭にチラつくと、プレーは小さくなります。朝の練習場でも、ショットが大事にしすぎな感じ。ミスショットを避けようとすると、大事にしすぎる感じになります。無難に振ろうともいえます。こうなると、メンタル面が影響して、特に試合ではフォローがどんどん小さくなって振り切れなくなります。

分かってはいてもやめられないのがゴルフの魅力であり、魔力。

今日のメンタルトレーニングのテーマは「とりあえず、思いきり打つ。待っている時間も身体を動かし続ける。」

この選手の特徴は、次のプレーを待っている間に、身体の内側が冷えてくるのです。こうなると、身体も心もバランスが悪くなり、イメージが通りには身体は動いてくれません。

いかに、身体の内側が冷えないように、エネルギーを動かし続けるか。そのために、次のショットを待つ間に、足の指を靴の中で動かしたり、屈伸したり、関節を回したりと、とにかく身体の動きを止めないことを課題にしました。

スコアを基準にすると、良かったか悪かったかにしかなりません。メンタルトレーニングでは、いかに成長につながる課題を設定するかが大事と言えますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ