スポーツのメンタルトレーニングと禅 「みずから」と「おのずから」

ドライバーでミスしたとき、なぜミスしたのか考えると思います。打ち急いだ。力んだ。いろいろな理由が考えられます。 皆さんもいろいろミスの原因や理由を分析されるのではないでしょうか。失敗の原因を特定して次に生かす。これは一般・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 無心のスウィング 言葉を手放す訓練をしていきましょう

ある男子プロゴルファーは、メンタルトレーニングを重ねる中で、あるとき「スウィングがスウィングしている」という感覚になったと話していました。 ある著名な画家は「筆、おのずから動く」と自らの体験を語っています。これはいわゆる・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 心を磨く本

今回のゴルフダイジェストでは、「心を磨く」ことについて特集されています。ゴルフのプロコーチの方とこの時期だから読んでほしい本について対談させていただいています。 お互いにメンタルトレーニングに取り組んでいますが、ゴルファ・・・

禅を仕事に活かす 「布施」とおせっかいの心 希望の光になる

人には与えるエネルギーと求めるエネルギーがあります。 皆さんは、どちらが強いでしょうか。 ちなみに、以前の私は、求めるエネルギーが強かったように思います。愛情が欲しい。承認は欲しい。お金が欲しい。 欲しいから頑張るという・・・

禅を生きるに活かす 本当の言葉が降りてくる「無為」のアプローチ

やたらいろいろ気になることがあります。 ・どう思われているだろう ・なんと答えたらいいだろう ・すごく居心地が悪い ・居場所がない ・自分は間違ってはいないだろうか ・場違いではないだろうか ・やたら時間が気になる ・身・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 自問自答力をつけましょう

スポーツ選手のメンタルトレーニングしていると、「この状況では、どうすればいいですか」と質問されることがよくあります。 この問いに答えるかどうかは、なかなか難しいです。 何も答えないと選手は不満に感じます。困っているのに放・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 気合いが入ると身体が力む

空手の達人と言われる方にお会いする機会がありました。年齢は60歳くらいで多くの空手家から慕われている指導者です。若手へのメンタルトレーニングについて相談を受けてお会いすることになりました。 最初にお会いしたときに、「この・・・

禅を生きるに活かす 人間らしさを失わないこと 絶望の中から希望が生まれる

先日、京都大学の山中教授が「コロナウィルスとの戦いは1年以上かかるかもしれない。マラソンと同じで飛ばしすぎると途中で失速してしまいます。長い戦いを覚悟して、協力していく必要があります。」とある報道番組で話されていました。・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 静かな心とは 頑張る集中から自然な集中へ

「静かな心」というと、どういう状態を思い浮かべるでしょうか? ・何も考えていない ・心がザワザワしていない ・目の前のことに集中出来ている ・不安や焦りがない ・周りに惑わされていない 実は、メンタルトレーニングをしてい・・・

禅を生きるにいかす 智慧で生きる

3月は、ほぼ一ヶ月原稿が書けなくなりました。 言葉が浮かんでこなくなったのです。 なぜか理由は分かりませんでしたが、最初は焦りました。コーチとして独立して十数年、どんなに苦しい時も、言葉だけは浮かんで来ていましたから。 ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ