ゴルフメンタルトレーニング

私はこれまで、プロゴルファーをはじめ、プロ野球選手やプロテニスプレーヤーなどをサポートしてきました。選手からは「赤野コーチはもともとメンタルが強いのですか」とよく尋ねられるのですが、もともとメンタルに自信があったわけではありません。こう書くとがっかりされるかもしれませんが、ドライバーでイップスになったりと、若い時はむしろいろいろな壁にぶち当たり悩んできました。今ではこうして悩みを乗り越えてきた経験があるからこそ、ゴルファーの皆さんの悩みを理解でき、トレーニングに生かせています。人生無駄なことは何もないですね。

世界No.1選手は「禅」と「心理学」の融合から生まれた

禅×メンタルトレーニングのメソッドは、東洋の「禅」と西洋の「心理学」や「脳科学」を融合させたものです。今、世界で「禅」が注目されています。私の師匠であるアメリカ人のジョセフ・ペアレント博士は、ビジェイ・シン選手やクリスティ・カー選手を世界No.1に育てました。そのペアレント博士のメンタルトレーニングの軸が「禅」であり、選手たちの心を禅の哲学やマインドフルネス(坐禅)を通じて指導されています。実際にお会いしてみると、ペアレント博士の禅への深い理解に衝撃を受けました。ペアレント博士からの教えは私の土台であり、今も私自身が禅の修行に励みながら、選手たちと新たな可能性にむけて挑戦を続けています。

ゴルフはメンタルが大事という方は多いと思います。しかしプロゴルファーでも、スタートでつまずく、逆にいいプレーをしていても上がり3ホールになると思うようなプレーが出来ない、ミスをひきずってしまう、ついムキになってしまうなど、「やっちまった」という経験を繰り返しているのではないでしょうか。あそこで耐えていればと悔やみながら帰りの車を運転されている方も多いと思います。残念ながらどんなに悔やんでも、これではメンタルは成長しないのです。お伝えしたいのはこれが悪いわけでありません。どんなトッププロでも同じようなことで悩んでいます。それだけ、ゴルフは奥深いスポーツなのです。

では、ゴルフにおけるメンタルの成長とは何でしょうか?ゴルフはあなたの隠れた性格も含めて、あなた自身が表現されるスポーツです。せっかちな人は早くプレーするでしょうし、あるゴルファーは無謀な挑戦に挑んでみたり、別のゴルファーは慎重すぎて怯えてしまったりとそれぞれの性格が出るのです。性格がうまくプレーで機能していればそのままでOKですし、一方でブレーキになっているとすれば、改善する必要があります。

メンタルに強い、弱いはない メンタルとは「心の技術」

「私はメンタルが弱い」「あの人はメンタルが強い」という表現をよく聞きますが、実はもともとメンタルが強い人、弱い人ということはありません。弱いと思っている人でも、うまくプレーできていることはあるでしょうし、強いと思っている人でも気づいていないところで何か問題を抱えているケースがあります。強い、弱いとカテゴライズすることそのものが、思い込みになっているのです。それよりも、どういう場面が苦手なのか、あるいはどういう場面は好きなのか、もっと具体的に知ることです。例えば「勝負がかかった1メートルのパットだと手がスムースに動かない」とか「慎重になりすぎてパットがショートしてしまう」という具合です。こうした課題は、主に心が引き起こしています。心と体は密接につながっているからです。1メートルのパーパットが緊張するとすれば、それは絶対に入れなければならないという期待の裏返しです。期待が大きければ大きいほど、緊張や不安が高まるのです。つまり、緊張だけを何とかしようとしても、緊張は消えません。優勝を決める1メートルのパーパット、最高に緊張する中でいかに自然に手が動く「平常心」を作っていくか。そうした一つ一つの積み重ねがメンタルの成長なのです。

このように、何か具体的に改善することを練習やラウンドでトライしてみるのです。これがメンタルトレーニングです。まさにトレーニングなのでスイングやフィジカルと同じように、何度も練習することで少しずつ「心の技術」を会得できるのです。一つ一つ自分の限界を突破していくことで、自分への信頼が高まっていきます。

ゴルフ道を究めていく

武道、茶道、華道など「一生かけて道を究めていく」という考え方が、日本には古くからあります。その根底には「禅」の哲学があります。一時的な結果で一喜一憂して終わるのではなく、仕事には仕事の道があるように、ゴルフにはゴルフという道があります。今、不完全な自分が悪いのではなく、昨日よりも今日、今日よりも明日と1ミリでも成長できたときに、人は充実感を覚えるのです。心を磨きゴルフを磨く、それが禅×メンタルトレーニングの目指すゴルフ道です。

ジョセフ・ペアレント博士からのメッセージ 

「禅ゴルフ」の著者 ジョセフ・ペアレント博士との対談

 ■「禅ゴルフ」とペアレント博士について

 「禅ゴルフ」は、アメリカをはじめイタリア、ドイツ、韓国、日本など7か国で出版されたこの世界的なベストセラーです。メンタルトレーニングについての本はこれまでにも出版されていますが、禅のアプローチとメンタルの強化を結びつけている点で新たな境地を切り開きました。

 著者のジョセフ・ペアレント博士(1950年生まれ)は、仏教哲学と心理学の研究をしてきたアメリカの心理学者であり、スポーツ心理学と禅の英知の組み合わせにより30年以上のトレーニング実績を誇っています。世界を代表するゴルファー、ビジェイ・シン選手は、極度の不振に陥っていたとき博士に出会い、トレーニングを受けることで、その当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったタイガー・ウッズを退けて世界ゴルフランキング1位の座をつかみました。博士はPGAとLPGA(クリスティー・カー選手 2010年)の双方で世界ランキング1位の座に上り詰めた選手を育てた、現時点で唯一のメンタルコーチです。

■ゴルフにおけるメンタルの大切さについてどう考えていますか?

 ゴルフにおけるメンタルゲームの重要性について申し上げますと、ゴルフは90%がメンタルで、残りの10%もメンタルだと思います(笑)。マインド(心の状態)は常にスイングに影響していますし、あなたがやることはすべてマインドがコントロールしています。マインドは意識不明状態にならない限り、必ず何らかの形で作用しているのです。寝ている時に夢を見るようにいつもマインドは働いています。マインドを味方につけるか、敵にまわすか、それは自分で選択できます。それなら、私はマインドを味方にしたいと思います。ゴルファーが悪いショットを打った時は、ほとんどの場合、スイングの問題というよりマインドの問題なのです。だからメンタルゲームはとても重要なのです。

■なぜ禅とゴルフをつなげて考えているのですか?

 若い頃からゴルフが大好きだったのですが、二十代の頃に仏教に出会って、マインドフル・アウェアネス(mindful awareness)を実践するようになりました。座禅もしました。そしてまさに私自身がマインドフル・アウェアネスを実践しているとゴルフが上達したので、マインドフル・アウェアネスが禅の教えの本質だと思ったのです。ゴルフをしている時に、ショットの質は心の状態を反映していることに気がつきました。プレイ中により意識を今に集中させるようにすると、マインドフル・アウェアネスも深まっていくことが分かりました。マインドフル・アウェアネスによってゴルフも上達することに気が付いたのです。
 マインドフル・アウェアネスとは・・・「今ここ」にいる自分に気づくこと。思考や感情や体の感覚、心の状態など今起きていることをありのまま認識すること。過去や未来に心をもっていかれるのではなく、人は今この瞬間にいることで人のパワーは最大となる。仏教の修行においては座禅や瞑想を行うことでマインドフル・アウェアネスを実践している。

■マインドはゴルフにどんな影響を及ぼすのですか?

 マインドフル・アウェアネスを実践するには、フォーカスを保ちながらリラックスし、常に今この瞬間に帰ってくるように意識することです。できるだけ「今、ここ」にいるということです。ゴルフでは、とにかく今ここで打つ、打つ瞬間に自分がいるということを確認するということが大事なのです。マインドが「今ここ」にないと、マインドは過去や未来をさまよい、ショットの瞬間に全てが注ぎ込めなくなるのです。たとえば「ミスショットはしたくない」と先のことを考えると、のびのびスウィングできなくなりますね。躊躇気味になってしまう。もしくは、手首でコントロールしようとしてしまう。そして結果的に悪いショットになってしまいます。

■PGA選手の中でも本書のファンは多いと聞きます。特にビジェイ・シン選手は、2002年にあなたの指導を受けてから大きく脱皮したと伝えられています。事実、トレーニングをうけた3年間で9勝をあげ、世界1位の座も手に入れていますが、シン選手はプレーヤ―として人間としてどんな変化を遂げたのでしょうか?

 シン選手は、もともとゴルファーとして優れた才能と努力を惜しまない素晴らしい人間的資質を持っていました。シン選手いわく「ラウンド中に起こるさまざまな感情に以前ほど影響されなくなり、ショットやモーションに対してマインドをコントロールできるようになった。また自分のゲームに対して悪い考えがよぎることが少なくなり、前向きに対応できるようになった。」

 彼はもともとメンタルが強かったですし、私が提案したことでも、いいと思ったものは何でも取り入れようとしていました。強い精神力で努力を惜しまなかったので、指導をしていて難しいと感じたことはありませんでした。3年にわたる指導の中で、あらゆる場面で自信とゆとりを持ってプレイできるようになった点が変化だと思います。

■アメリカのメンタルトレーニングの現状について教えてください。

 今PGAでは、150人のトッププロゴルファーがおりますが、私は20人ぐらいのプロゴルファーに対してどこかの段階でメンタル・トレーニングをしたことがあります。今、アメリカの半数以上のプロゴルファーがどこかの段階でメンタル・ゴルフ・コーチを雇ったことがあると思います。

 しかし20年前には、みんなメンタル・コーチングに対してネガティブなイメージを持っていたと思います。心理学者が必要なのは、精神的に問題があるからだというイメージだったのです。その後、12年ほど前にタイガー・ウッズ選手が現れた時、皆が彼の成功はメンタルの強さからきていると認識しました。彼が抜きんでているのは、メンタルが強いからだと皆思ったのですね。そこで皆、自分にもメンタル・コーチが必要だと思うようになりました。何か問題があるからではなく、もっと強くなるために、もっと向上するためにゴルフ・コーチが必要だと考えるようになりました。たとえばですが、病気を治してもらうために医者にかかる、という考え方が普通だったのが、健康に問題はないけれども体づくりのためにトレーナーを雇う、という考え方も通用するようになってきました。人々の考え方が変わってきたのです。

 アメリカのメンタルト・トレーンニング事情について申し上げますと、スポーツによっていろんなスポーツ心理学者がいます。彼らは、視覚化(visualization)、イメージング、ポジティブ・セルフトークを使ってトレーニングします。またビジネスの世界でも、マインドフル・アウェアネスに対する興味が高まってきています。

 私が他のトレーナーと違うのは、仏教やマインドフル・アウェアネスなどの東洋の教えだけではなく、欧米の心理学、その両方を取り入れているところです。私はこれらの二つを組み合わせてゴルフとビジネスに生かしています。それがユニークなところです。マインドフルネスを経験しているインストラクターもいますし、心理学を学んだインストラクターもいると思いますが、私のように両方に通じている人はあまりいません。仏教的アプローチでマインドを理解している人もあまりいないでしょう。

■最後に、日本のゴルファーにむけてメッセージをお願いします。

 メンタルトレーニングはこれからもっと必要とされる世界だと思います。スポーツの世界では、道具や器材もよくなっているし、優秀なフィットネス・トレーナーのおかげで体もよくなってきているし、テクニックを教えることに長けているインストラクターも山ほどいます。技術的に優れたゴルファーやアスリートもたくさんいます。そのような状況で、勝者と敗者の差をつけるのが、メンタルゲームだからです。

 ビジネスの世界でも、ストレスは増えている一方だと思います。いつもパソコンや携帯のメールに追われ、頭の中はいっぱいです。だから、心を穏やかにするためにもマインドフル・アウェアネスが必要とされるのです。気が散ることがあまりにも多いので、集中するためにもマインドフル・アウェアネスは必要なのです。

 日本の方はconcentrate(集中)し過ぎる傾向があります。ボールを打とうしてボールを見過ぎたり、ピンを狙いすぎたり。そうではなくfocus(焦点)という感覚が大事です。ピンポイントを狙う時も、だいたいこの辺だという感覚で打ってください。多少ぶれてもいいと思ってください。パーフェクト主義にならないことです。パーフェクトにできない自分を責めないでください。パーフェクトな人はいませんから。

 うまくプレイできるようになれば、ゴルフは楽しくなる…そんな風にお考えかと思いますが、それは間違っています。その真逆です。ゴルフをもっとエンジョイできれば、もっとうまくなるのです。ぜひエンジョイすることからはじめてみてください。

ゴルフダイジェスト掲載情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ